Phone to Phone Data Transfer, Data Recovery, Data Eraser

au iPhoneから削除された連絡先・電話帳を復元することが1クリックでできる「Dr.Fone for iOS」という便利なソフトを推薦したいと思います

765
iMusic

au iPhoneから削除された連絡先・電話帳を復元することはiPhoneスマホ本体にある大切な連絡先・電話帳がなくなった場合、データを取り戻すには避けられない問題になります。

お手持ちのau電話会社に属するiPhone5sはスクリーンが壊したとあって、携帯に保存する連絡先・電話帳を復旧するために、AppleCare+をもって、新たな一つと取り替えました。

取り替える前に、データのバックアップをちゃんと用意しておきます。しかし、連絡先しか取り戻さないことはできません。なぜiPhoneにある連絡先・電話帳が恢復できないかと聞かれると、確かにそうですが、バックアップにより、au電話会社に属するiPhoneから消された電話帳・アドレス帳の復旧ができるとそう答えます。

もともと、ソフトバンクでiPhoneが使えますが、近ごろにドコモ或いはauもiPhoneの利用を支援するようになるとあって、iPhoneの利用者もますます増えてくる一方です。さらに、iPhoneがiPhone6・6Sを新機種として販売してから、携帯変更したい方も多くなる現状になります。

iPhone6・6Sなどの新機種へ乗り換える時、データ転送に対して、バックアップにより、データを恢復する方法が頭に出てきた方は大勢いるでしょう。iPhoneのバックアップを取るように一番用いられるのはiTunesというはApple会社が公に発表したサービスになりますが、このサービスを利用すれば、データを同期して復旧することが手間かからずにできます。

同期とはiPhoneとiTunesを一致にさせるということです。そうすると、iPhoneとiTunesの同期化だけで削除されたデータが取り戻せます。ソフトバンク、au、ドコモの日本三大の電話会社が提供したスマホ機種を買い替えする際に、最も問題が起こしやすいいのは、しかし同期はiPhoneとiTunesを同じ状態にする事により失われたデータを復元する方法になり、ソフトバンク、au、ドコモなどのiPhone機種変更する場合、一番問題が出るのは、au 会社のiPhoneにあるアドレス帳や連絡先や電話帳の恢復がうまくいけないことです。

今度、auの iPhoneに保存する連絡先・電話帳の復旧ができない要因が分かれば、それ相応しい対策も見つかりやすいです。

Part1. auの iPhoneに保存する連絡先・電話帳が復旧しにくい要因です。

auのサービスの一つとする「@Eメール(ezweb.ne.jp)のContacts」のau連絡帳は一般にauサーバにあります。普通、auの iPhoneを設置するために、「設定→メール、連絡帳、カレンダー」というような手順の通りにしてから、連絡先のいくつかのオプションから「デフォルトアカウント」を選択して、iPhone或いはiCloudになるのはありふれたの設置となります。

au連絡帳・アドレス帳が属する端末はGoogle連絡先みたいなものと同じではなく、お互いに同期化できないので、サーバにオートマチックにアップロードができないのも理解できないわけではありません。ですから、新しい規則に応じて作られた連絡先は設置でデフォルトアカウントを定めて、iPhoneでありiCloudでありに入れます。

バックアップファイルを通じ、データを復旧しても転送できない原因はサーバ同期での連絡先というものです。同期されたものはバックアップの相手ではあるまいし、なかなか回復のも当然なんです。

Part2. auの iPhoneに保存する連絡先・電話帳に向ける「Dr.Fone for iOS(Windows版)」です。

iTunesバックアップにより、auの iPhone本体に保存するデータを恢復するために、電話帳・アドレス帳しか復旧したいことは残念ですが、まだできないですけど、iPhoneの連絡先復旧に向けて作られた「Dr.Fone for iOS Data Recovery」と呼ばれたソフトを利用すれば、auの iPhoneから消去された電話帳・アドレス帳のみの復旧という厄介なことは難しいから簡単になるので、悩んでいる方に推薦したいと思います。実は連絡先のみならず、写真、音楽、ビデオのさまざまな消去されたデータの恢復も全て円滑にできます。そうすると、データの消失した不安も一斉拭かれます。

利用者の利便性のために、その使い方も簡単で、経験のない方が説明を読んだ後もできます。では、これから、三つのスデップからなる使い方を紹介させていただきます。

ステップ1:au のiPhoneにある電話帳・アドレス帳の復元にとって、必要な「Dr.Fone for iOS」をコンピューターにインストールしてください。

au のiPhoneにある電話帳・アドレス帳の復元にとって、「Dr.Fone for iOS」という復元ソフトは欠かないものになるので、復旧する前に、ダウンロードを用意しておきます。後に、ダウンロードした「Dr.Fone for iOS」をコンピューターにインストールして起動しなさい。

Download Dr.Fone for iOS (Windows Version)Download Dr.Fone for iOS (Mac Version)

auの iPhoneから削除された連絡先・電話帳を復元することは本当にできるかどうかに疑問があったら、われわれは自信を持っているから、無料試用版をダウンロードして試しても大歓迎です。利用者を安心させるために、無料体験版をずっと前から提供しております。

ステップ2:au のiPhoneにある連絡先や電話帳やアドレス帳などのスキャンができます。
それから、iPhoneの連絡先や電話帳やアドレス帳などの恢復に対する「Dr.Fone for iOS」が起動したら、左側に上から下に二番目の「iTunesバックアップから復元」という選択肢をクリックして、iOSデバイスからiTunesのバックアップファイルを選びます。その後、右下の「スキャン開始」ボタンを押すことで、iTunesにバックアップされた連絡先が一つも残らず、全部検出されます。

guidenew032
ここに、もしiOSデバイスから回復できなかった場合、或いはiOSデバイスを失った場合、iTunesバックアップファイルをスキャンしてください。

ステップ3:検出されてスクリーンに自ずと現れた電話帳・アドレス帳を取り戻します。

続きまして、auのiPhoneに保存する連絡先が検出されたて、目の前に表示されると、それ中から復旧したい連絡先だけ選択して回復する方法があります。連絡先のみスキャンすることでスクリーンに出た連絡先しか回復しない方法もあるので、どちらを用いるのかは利用者の状況によって、それなりの方法を選んだほうがいいです。

itunes-contacts-win1
au、Softbank或いはdokomoなどいろいろな通信キャリアにもかかわらず、auの iPhoneにある連絡先・電話帳をiPhone新機種への転送は思い通りに進めます。これだけではなく、デバイスに復元することはもちろん、パソコンにの復元も簡単にできます。

iTunesをもって、au電話会社に属する iPhoneにある連絡先のみ復旧できない故で、iPhoneからただ連絡先を回復したいと思った場合、iPhoneデータ復元に対するWondershareの「Dr. Fone for iOS Recover」をお試してください。確かに、iTunesはiPhoneからの連絡先のみの恢復にとって、便利ではないですが、その反面、Wondershareの「Dr.Fone for iOS(Windows版)」なら、連絡先だけのデータ復旧は好きしすることができます。

au iPhoneから削除された連絡先・電話帳を復元することに悩まされる方なら、ぜひWondershareの「Dr.Fone for iOS(Windows版)」を無料体験版から使ってみてください。下記の図のように、データ復元を円滑にさせるWondershareの「Dr.Fone for iOS」はWindows版とMac版をお提供しておりますので、ご要望に応じるタイプを選んでください。

Download Dr.Fone for iOS (Windows Version)Download Dr.Fone for iOS (Mac Version)

You might also like

Leave A Reply

Your email address will not be published.

This website uses cookies to improve your experience. We'll assume you're ok with this, but you can opt-out if you wish. AcceptRead More