Phone to Phone Data Transfer, Data Recovery, Data Eraser

iPhone6sのLive Photosを有効に利用できる方法です

648
iMusic

スマホの普及とともに、現代社会はすでにスマホ社会に入ります。日常生活と密に繋がっているスマホは欠けないものになり、特に、デザインも品質もいいし、独自なサービスを開発できるiPhoneがApple会社に作り出してから、Androidスマホと並んで、人気携帯になります。さらに、Apple会社は進んだ科学技術のおかげで、大胆に革新できますから、iPhone6s Live Photosという新なものが出てきます。2015年9月10日に発表されたiPhone6S・iPhone6S Plusは画期的にiPhoneのピクセルを800Wから1200Wに変更しただけではなく、Live Photosという最新な機能もスマホに搭載します。

こんな時、Live Photosとは一体なんですかと質問した方は多くいるでしょう。普通、スマホで撮った写真はJPGやJPEGなどの形で保存した静態のイメージです。その反面、Live Photosをもって、撮影した写真はまるでビデオみたいに動けます。しかし、ビデオと比べると、 あまり内部メモリーを占めません。その革新のメリットこそ、人目が引かれる原因と言われます。

Live Photosという新しいい機能にいろいろな疑問を抱く方に少々それについてのことを紹介させていただきます。

まずは、Live Photosについての紹介です。次に、Live Photosで撮った写真がなくなった場合の対策です。

Part 1.Live Photosについての紹介です。

関心を持つのはLive Photosを利用する方法です。

iPhone6s Live Photosを利用する方法というと、操作しやすいです。

撮影するように、iPhone6sのメイン画面にカメラみたいなアイコンをクリックしてから、Live Photosにより、動ける写真を撮るようになります。黙認にLive Photosはオンの状態と設置されるので、前のiPhoneスマホと同じように利用すればいいです。

撮影が完了したら、アルバムに入ると動的な写真が見えます。もし、写真はまだ静態の場合、3D Touchで写真を長押しすると、動的なプレビューで写真を楽しむことができます。

前述以外、特殊の操作をするまでもありません。だた使い慣れたiPhone写真アプリにただLive Photosのもう一つ機能が加えられて、もう一つの選択肢があることにすぎないと思います。

Live Photosならではの特性についての説明です。

Live Photosを生かして撮影したものを写真の形で表示するために、だいたい六秒かかりますから、ビデオの制作とそっくりと似ています。

それから、ビデオを作りたくない場合でも、Live Photosを利用して撮影すると、iPhoneは自ずと撮影する前の撮影した六秒間のものを写して動的な写真に形成しますから、こんなことがいやなら、黙認的にオンにされたLive Photosをオフの状態に設置してください。

Live Photosの人気はどれだけ高いですか。

Live Photosで写真の写しは初めからビデオを撮るつもりだったことより、撮ったものはいつものように静態なイメージではなく、動ける写真で目の前に現れるのは思ったこともないから、びっくりしたのも当然なのです。

今、世界にも名を馳せている科学技術の結晶として作り出されたiPhone 6s Live Photosは未来カメラの発展方向を示す意義があるから、人気がますます盛り上がると予測できます。

iPhone6s Live Photosに対する心配していることです。

写真やメッセージや音楽などiPhoneに保存するデータはうっかりと消去されて亡くなった経験がある方はiPhone 6s Live Photosをもって撮った写真もデバイスに置かれたから、消えたら取り戻せるかどうかと心配しています。


Part 2.Live Photosで撮った写真がなくなった場合の対策です。

Live Photosで撮った写真が消えたことでいらいらしているなら、データ復旧に対するWondershareの「Dr.Fone for iOS」と名付けた復元ソフトを使ってみてはいかがですか。そのソフトはバックアップファイルからなくなったデータを恢復することが簡単に促進できます。

iPhoneのバックアップファイルと言えば、思わずiTunesとiCloudが頭に出てきます。iTunesはパソコンを通じバックアップを取りますが、iCloudはサーバーを利用してバックアップファイルを保存します。もし、いつかiPhoneデバイスから消去されたデータを取り戻したいなら、iTunesかiCloudかにバックアップされたデータがあれば、Wondershareの「Dr.Fone for iOS」により、なくなったデータを奪う可能性があります。

では、このデータ復旧ソフトにつけた「iTunesバックアップファイルから復元」か「iCloudバックアップファイルから復元」の機能を使って、データを復元する方法について、少々述べさせていただきます。

Download Dr.Fone for iOS (Windows Version)Download Dr.Fone for iOS (Mac Version)

ステップ1. データ復旧ソフトをパソコンにインストールします。

消えたデータを取り戻すために、データ復旧ソフトは欠けないものになりますから、ダウンロードしたWondershareの「Dr.Fone for iOS 」をちゃんとパソコンにインストールして立ち上げます。起動したら、出てきたインターフェースの左側にある「iTunesバックアップファイルから復元」或いは「iCloudバックアップファイルから復元」のオプションをクリックしてください。

guidenew004

ステップ2.「iTunesバックアップファイルから復元」により、データを復旧します。

「iTunesバックアップファイルから復元」を選択した時、接続していたiPhoneスマホとの同期化を行い、上書きでデータはなくなった可能性が高いですから、復元がスムーズに進むには、同期化をやめてください。

guidenew032
同期化しないで、iTunesバックアップファイルへのスキャンで表示されたデータから、復旧したいものにチェックマークをつけて選らんでから、右下の「コピー開始」ボタンをクリックすると、消えたデータの恢復が式に開始します。

ステップ3.「iCloudバックアップファイルから復元」モードでデータを恢復する方法です。

「iCloudバックアップファイルから復元」モードを利用するように、最初はiCloudサービスとの接続を用意すべきです。次にiCloudバックアップファイルから復旧したい消えたデータタイプを選びます。

guidenew036-1
それから、「ダウンロード」選択肢を選択して、端末からデータのダウンロードが進んでいるとともに、なくなったデータの恢復もスタートします。

ダウンロードが終わったら、データは並んで目の前にスクリーンに現れます。そこで、後にすべきのは取り戻したいものを選択してから、「コピー開始」オプションをクリックすることで、デバイスへのデータ恢復を始めることです。復元が完了するまで、少し時間かかりますので、少々お待ちください。

iPhone 6sのLive Photosを有効に利用することはほぼ上記の通りになります。iPhone6s Live Photosが誤って消去されると心配している場合、ぜひWondershareの「Dr.Fone for iOS」を無料体験版から利用してみてください。Windows版とMac版のバージョンを提供しておりますので、デバイスに応じるタイプを選択してください。

Download Dr.Fone for iOS (Windows Version)Download Dr.Fone for iOS (Mac Version)

You might also like

Leave A Reply

Your email address will not be published.

This website uses cookies to improve your experience. We'll assume you're ok with this, but you can opt-out if you wish. AcceptRead More