PhoneTransfer
Phone to Phone Data Transfer, Data Recovery, Data Eraser

iPhoneブラックスクリーンへの対策と原因についての説明です

3,499
iMusic

iPhoneブラックスクリーンへの対策はデバイスがブラックスクリーンになったことがある利用者にとって、考える必要があります。iPhoneはスクリーンが急に黒くなったことは死のブラックスクリーンと呼ばれます。iPhoneの利用者がますます増えてくるにつれて、ブラックスクリーンを面する方々もそれなりに増加してきます。それは既に社会的な現象になりました。ブラックスクリーンは画面が暗くなるだけではなく、デバイスの機能も一つも残らずに動作できないから、どれだけ面倒ですか。黒いバックにアップルロゴがキラキラしたことも画面が全部真っ暗になったこともiPhoneブラックスクリーンの一部分です。

もし、お手持ちのデバイスでiPhoneブラックスクリーンが起こったら、確かに自分の近くにあるアップルストアに助けに行けばいいですが、自分でその低くない修理費は払わなければならないでしょう。経済的に余裕のない方にとって、これも無理かなと言われます。iPhoneブラックスクリーンと出会った利用者になったら、自分の力でiPhoneブラックスクリーンのデバイス障害を対処したいを思った場合、Wondershareの「Dr.Fone for iOS」というソフトウェアを使ってみてください。死の画面になってしまったデバイスに向けるものですから、お手持ちのデバイスで「Dr.Fone Toolkit for iOS」を動作させると、ブラックスクリーンになる兆しが出る前に、障害を対処してデバイスの実行を守ることができます。

そのソフトウェアはiPhone SE/6s/6s Plus/6/5S/5C/5/4S/4/3GSの機種に対応できます。

Get dr.fone – Repair (iOS)

Part 1: iPhoneブラックスクリーンの起こった原因は何ですか。

iPhoneブラックスクリーンの起こった原因とは物質的な損傷からアプリケーションの誤動作などのエラーでデバイスに影響を与えるというものです。よく見る原因は大体、下記のようになります。

iphone-black-screen-recovery
1. は物質的な損傷:もともとiPhoneは完全無欠でしたが、うっかりと落とした後、スクリーンがバラックになってしまいました。その落としこそはデバイスが傷つけられてブラックスクリーンを引き起こす要因の一つとみられます。

2. ハードウェアとコンポーネントの負担:長い時間に一回を電源を切ったこともなく、デバイスを休ませずに利用している場合、iPhoneに搭載されたハードウェアとコンポーネントに重すぎる負担をかけると、デバイスがブラックスクリーンになったのも可能になります。

3. アプリケーションへの誤動作:iOSシステム或いはiPhoneにあるアプリケーションの誤操作も真っ暗な画面を引き起こすかもしれません。

4. ソフトウェアの非互換性:お使いのiPhoneデバイスに搭載されたソフトウェアやハードウェア上で、もし通行料を取るアプリがたくさん一緒に操作されていると、iPhoneブラックスクリーンになった可能性が高いのも無理はありません。

5. 腱になるエラー:電池と2つのソフトウェアを変更するような簡単な物事を厳しく除外する方法でもらった結果から見ると、腱になるエラーのせいで、iPhoneブラックスクリーンがもたらされる可能もあります。

Part 2:「Dr.Fone for iOS」により、iPhoneブラックスクリーンを修復する方法です。

Wondershareの「Dr.Fone for iOS」と呼ばれたアプリケーションはiPhone、iPad、iPod Touchなどのデバイスのデータ復元に向ける専門ソフトです。連絡先・SMSメッセージだけではなく、メモや音楽やビデオなどの消去されたデータもiOSデバイスでそのまま直接に復旧できます。

iTunesもしくはiCloudのバックアップファイルを利用することで、なくなったイメージ・ビデオみたいな削除されたデータを取り戻せます。

並びに、「iOSを通常の状態に修復」と名付けたモードも利用者の便利のために、追加されました。データの完全無欠を基づき、iPhoneブラックスクリーンを修復します。

iPhoneがブラックスクリーンになって、反応できないことにいらいらしている場合、Wondershareの「Dr.Fone for iOS 起動障害から修復」をできるだけ早くお試してください。強力ないろいろ機能を搭載された「Dr.Fone for iOS」の使い方は意外に簡単です。ただ下記のような四つの段取りがあります。

スデップ1:最初は「Dr.Fone for iOS」をパソコンにインストールして起動します。

まず、デバイス障害に向ける「Dr.Fone for iOS」という専門ソフトをパソコンにダウンロードします。次に、パソコンにダウンロードした専門ソフトをインストールして立ち上げます。インストールが終わると、USBケーブルをもって、ブラックスクリーンになったiPhoneをパソコンに繋ぎます。


その接続でiPhoneがパソコンに認知された、スキャンされます。もしここに、接続されたデバイスが認知されなかったら、ブラックスクリーンになったスマホがソフトに認知されるために、メイン画面の「?」マークを選らんでください。

スデップ2:「ツールボックス」モードにより、ブラックスクリーンからiPhoneを救出します。

続きまして、「Dr.Fone for iOS」が起動すると、出てきたインターフェースの左側にある「ツールボックス」モードをクリックします。後に、「iPhone起動障害から復元」を選んで、「開始」の青いボタンを押すと、ブラックスクリーンになったiPhoneを修復するように、それなりのファームウェアのダウンロードが自動的に開始します。従いまして、ダウンロードかどうかと提示されると、肯定します。


注意:「iPhone起動障害から復元」機能はお使いのデバイスのブラックスクリーンもさることながら適切でき、リンゴループ、リカバリーモードループ、ブルースクリーン、および他のシステム障害にも完全に対処できます。

使用上の注意:
1. 復元後にiOSの最新バージョンのアップデートをします。
2. アンロックされた契約デバイスの場合、デバイスはこの機能を利用した後、契約状態に戻ります。

スデップ3:iPhoneブラックスクリーンに応じるファームウェアパッケージをダウンロードします。

前述の言った通り、iPhoneブラックスクリーンに応じるファームウェアをダウンロードしてくださいと注意されると、それに相応しいファームウェアをパソコンにダウンロードしなさい。

ファムウェアのダウンロードが失敗した場合、「リンクをコピー」をクリックしてブラウザに直接貼り付けてダウンロードしてください。


ファームウェアパッケージがコンピュータにダウンロードされました。修復を開始するには、ファームウェアパッケージを選択してください。

スデップ4:iPhoneブラックスクリーンの修復が完了するまで、少々お待ちください。

ダウンロードが完了したファームウェアをチェックした後、ブラックスクリーンになったデバイスへの復元を始めます。復元対応は数分間かかりますから、新聞を読みながら、復元が終わるまで少々お待ちください。


起動しないiPhoneが修理されている間に、デバイスとパソコンに接続を解除しないでください。

上記のようにWondershareの「Dr.Fone for iOS」専用ソフトを利用作すれば、お手持ちのiOSデバイスの修復は時間切れでスムーズに終了できます。しかし、iPhoneブラックスクリーンになった原因はハードウェアとコンポーネントなどの内部問題ではなけば、ひょっとしてハードウェアとかかわる可能がないわけではありません。

ハードウェアの障害なら、Appleストアとかアップルデバイスの修理店或いは他のスマホ修理店へ行くのは最も効果的に障害を取り除く方法です。

Part 3: iPhoneブラックスクリーンなどのデバイス障害を防ぐ方法があります。

デバイスがブラックスクリーンになったら、必ずソフトウェアかハードウェアか、とこかで問題があると言われます。その故、iPhoneブラックスクリーンを防止するために、ソフトウェアとハードウェアの二つの面から着手する必要があります。ここに、注意すべきところをいくつ紹介させていただきます。

1. iPhoneブラックスクリーン言い換えると死のブラックスクリーンが起こる可能性はiOSシステムエラーと切っても切れない関係があるので、アプリ互換性で持ってくるアプリケーションのインストールを避けたほうがいいと思います。

2. 月に一回に少しでもiPhoneデバイスを休ませるように、ちゃんと電源キーを押すことで電源をきってください。電源を切ったら、すぐにデバイスを起動しないで、約10~15秒間後、再起動します。

3.バッテリーやハードウェアやコンポーネントへかかった負担もiPhone死のブラックスクリーンをもたらす要因の一つと見られますから、ストレスを欠かないために、たくさんのアプリケーションを同時に運行しないで、提示サインが出てくると、ご注意ください。

4. できるだけ板の床とコンクリートそれから他のハード表面にiPhoneデバイスを落とすことを避けます。高いところから硬い板 に落としとことでデバイスに衝撃をあげたこともiPhoneブラックスクリーンをもたらす原因の一つになりますから。

5. 硬い板 に落ちた衝撃を緩やかにさせるように、適当にデバイスを保護できるケースかカバーを購入してスマホにつけてください。

iPhoneブラックスクリーンへの対策が分からなくて、焦っている場合、デバイス障害に対するWondershareの「Dr.Fone for iOS 起動障害から修復」をダウンロードして試してください。下記のように、Windows版とMac版のバージョンを提供しておりますので、自分に応じるタイプを選んでください。無料体験版の試用も大歓迎です。

Get dr.fone – Repair (iOS)

You might also like

Leave A Reply

Your email address will not be published.

This website uses cookies to improve your experience. We'll assume you're ok with this, but you can opt-out if you wish. AcceptRead More