Phone to Phone Data Transfer, Data Recovery, Data Eraser

DFUモードでiPhone復元できなかった時の対策とするソフトの紹介です

5,744
iMusic

DFUモードでiPhone復元できなかった時の対策はデバイス障害に苦しめている使用者たちにとって、何よりも大切なものでしょう。特に、DFUモードを利用する方法しかデバイスを復元できない方には、もし、DFUモードが効かないと、どうなさいますか。

落下で衝撃をもらったり、長年も修理に怠られたりするなどの原因で、iOSシステムは損傷されてしまったら、iPhone、iPodみたいなデバイスにとって、復元するように、リカバリーモードを利用することで、初期化に戻すことをなければなりません。例を挙げると、iOSがアップグレードしている間にデバイスが固い床に落ちったか、脱獄の失敗でiOSに損害がかけられてしまったなどいろいろな事故で障害受けたデバイスを修復するために、大勢な方々はiTunesをもって、iPhoneデバイスを工場出荷時の初期化に復しますよね。それは確かにできますが、たまにはデバイスが初期化されても故障はまだ取り除かなかったこともあります。このような場合、ネットで対処する方法を探すと、DFUモードと使って見るというアドバイスを受けた方は決して少なくないでしょう。

DFUモードとはデバイスファムウェアアップグレードモード(Device Firmware Upgrade mode)の略称というものです。実際に、DFUモードと関係あることは一つもアップル会社に式に発表されませんでした。DFUモードというと、リカバリーモードに似ているところがたくさんありますが、違いも多少あります。DFUモードを使用知ると、リカバリーモードでも復元できなかったデバイスが修復できるようになります。

デバイスをDFUモードへ転送させる方法はだいたい下記のようになりますから、ご覧になってください。もし、ご参考になさっていただくと何よりもうれしいいです。

ステップ1:USBケーブルをもって、iPhoneデバイスとパソコンの接続をちゃんと用意してください。

ステップ2:デバイスがパソコンに接続されたら、ホームボタンとスリープボタンを一緒に長押ししています。

ステップ3:約十秒が経ったら、押されたスリープボタンしか離しません。残されたホームボタンを離さないで、そのまま長押しを続いてください。。

ステップ4:iTunesを立ち上げると、「iTunesはリカバリーモードのiPhoneを見付けました」のメッセージに提示される時、押されているホームボタンをはずしても大丈夫です。

ステップ5:それから、iTunesから出てきた指令に応じて操作すればいいです。

DFUモードを手にいれば、リカバリーモードを利用しても、正常な状態に復されなかったデバイスを簡単に元のスムーズに実行できることは可能になります。

Download Dr.Fone for iOS (Windows Version)Download Dr.Fone for iOS (Mac Version)

DFUモードもそれなりの短所があるこそ、デバイスの復元が失敗する可能性がありますから、「Dr.Fone for iOS」をお試しましょうか。

デバイス修復にはDFUモードが無にすることのできない効果ありますが、効かなかったことも時々在ります。それはもともとDFUモード自身の欠陥という原因です。DFUモードでiTunesをもってiPhoneデバイスを工場出荷時の初期化に復すると、デバイスにあるデータは一つも残らず全部消去されてしまいます。

初期化する前に、バックアップファイルを取っておいたら、大丈夫です。その反面、前もって、バックアップを取ることを忘れてしまった場合、データ削除されたことに悔しむしかありません。従いまして、そのお困りがある方はぜひWondershareの「Dr.Fone 起動障害から修復」という専用ソフトを試用してみてください。

その使い方は意外に簡単で、下記のように三つのスデップしかありません。

スデップ1:「Dr.Fone for iOS」をダウンロードしてインストールしてください。

Wondershareの専用ソフトはiPhoneデバイスの復元にとって、欠けないものですから、作業をする前に、「Dr.Fone for iOS」をパソコンにダウンロードします。次に、ダウンロードされたソフトウェアをパソコンにインストールして立ち上げます。その後、USBケーブルで復元したいデバイスとパソコンの接続を用意してください。

最近削除されたデータを見つけるために、直接iOSシステムをスキャンしてください。


もし、ここにデバイスが接続されたところで、パソコンに認知されないなら、メイン画面の真ん中にある疑問符を押してください。

ステップ2:メイン画面の右上にある「iOSを通常の状態に修復」オプションを選んでください。

「Dr.Fone for iOS」が起動されたら、表示されたインターフェースンの左側から「ツールボックス」モードをクリックします。この1クリックすると、続きの操作手順は自ずと目の前に表示されますので、デバイスをスクリーンから見る指令に応じて操作して、リカバリーモードへの転送はスムーズに進んでいます。

ここに注意すべきのはシステムの修復機能は、データの損失を引き起こすことなく、システムに関連した問題を修復することができます。修復したい方は下にある「開始」ボタンを押しなさい。

「iOSを通常の状態に修復」はお手持ちのデバイスのリンゴループに適応するだけではなく、リカバリーモードループ、ブラックスクリーン、青い画面、並びに他のシステム障害にも完全に対処できるということです。

ステップ3:デバイス復元には必要なファームウェアのダウンロードを用意します。

続きまして、デバイス復元を対処するために、それに相応しいファームウェアをパソコンにダウンロードしてください。

インターフェースに出てきたURLをアクセスすることで、欠けないファームウェアをダウンロードします。ダウンロードが終了した後、前にダウンロードされたファームウェアを参考して、適当にこのファムウェアを利用します。


ここで、デバイスの復元はようやく完了します。iPhoneデバイスで起こった故障が解除されて、通常モードに戻り、以前の通りに自由に利用できます。

ファムウェアのダウンロードが失敗した場合、「リックをコピー」をクリックうしてブラウザに直接貼り付けてダウンロードしてください。

ファムウェアパッケージがコンピュータにダウンロードされました。修復を開始するには、ファムウェアパッケージを選択してください。

Wondershareの「Dr.Fone for iOS」さえあれば、システム故障は一切に解決できます。

デバイスに保存されたデータを一つも失わずに保護する上で、デバイス故障を手軽に解決することもさることながら、うっかりと削除されたデータの復元もできますから、幅広く用いられます。

DFUモードでiPhone復元できなかった時の対策に迷って、いらいらしている場合、デバイス障害に向けるWondershareの「Dr.Fone 起動障害から修復」をダウンロードして使ってみてください。ただいま、Windows版とMac版のタイプを提供しておりますので、実況なりのバージョンを選択してください。無料体験版の試用も大歓迎です。

Download Dr.Fone for iOS (Windows Version)Download Dr.Fone for iOS (Mac Version)

You might also like

Leave A Reply

Your email address will not be published.

This website uses cookies to improve your experience. We'll assume you're ok with this, but you can opt-out if you wish. AcceptRead More